温室効果ガスの大幅削減

政府は、温室効果ガスの排出量を2030年には2013年比でマイナス26%にするとの削減目標を立てていますが、首長誓約を誓約する自治体の削減目標は、これを超えることが望まれます。「エネルギーの地産地消」の取組みのほか、地域全体でエネルギーを効率的に利用するさまざまな仕組みや事業をつくっていきます。