メリット

日本版「首長誓約」による「気候エネルギー自治」の取組みを通じて、次のような「地域創生」効果や「自治体のブランド力」の高まりが期待できます。

地域経済の再生やしごとの創出

エネルギーの地産地消、温室効果ガスの排出削減、気候変動などへの適応のための設備投資、住宅投資、消費支出などの拡大は地域経済の再生やしごとの創出をもたらします。

自立的・安定的なエネルギーの供給

分散型で地産地消型のエネルギーの仕組みが構築されていると、自立的・安定的なエネルギー供給が約束されるので、地域の企業、住民は安心して事業活動や暮らしを継続することができ、また、企業誘致の際には有利な条件になります。

資金還流により地域内での設備投資などの拡大

地域の電力小売事業が実施される場合には、これまで地域外に支払われていた電気代が地域内に還流することによって、地域内での設備投資や消費などが拡大します。

「自治体のブランド力」の高まり

日本版「首長誓約」に取り組んでいる自治体は、国内外でのブランド力が高まり、Uターン者・Iターン者が増大したり、優秀な職員をリクルートできたり、地元物産の販路が拡大されたり、内外から多くの視察者が訪れたり、企業進出が進んだりします。