気候変動などへの適応

 

地域の将来の気温・降水量等の変化を予測(全球モデルから地域気候モデルへダウンスケーリング)し、地域のさまざまな社会インフラ、健康、農業等への影響を把握し、また、地震などによる影響も考慮し、それらへの対応策を検討していくことになりますが、適応策としては、例えば、洪水などによるライフライン途絶への予防的措置、熱中症の予防・対応措置などが考えられます。